IVR、CTI などの電話システム開発のメテム

ASPとは

ASP

Application Service Providerの略。

自社が一括して管理・運営している業務アプリケーションを、インターネットを通じて複数企業にレンタル・リースする事業者を指します。アウトソーシングビジネスとして90年代後半頃から注目をとされ始めました。現在は、IT技術の進歩ともに、多くの事業者がサービスを提供しています。

クラウドとの違いで混同される方も多いようですが、クラウドはシステムやサービスそのものを指し、ASPではそれを運営提供する事業者を指します。現在ではASPという呼び名は、Saasというシステム名として使われることが多くなり、事業者を指すASPという言葉が使用されることが減少してきました。

 

現在、ASPが提供するサービスは、主にクラウド型(データそのものを扱うサービス)と、Saas(アプリケーションを提供するサービス)に大きく分かれて来ていますが、言葉の使われ方からすると、その境界はかなりあいまいになっています。